環境問題が重要視される今、建築においても環境設備(省エネルギー)の
占める比重が多くなっています。
環境負荷の少ない、快適な室環境づくりを提案します。
それはランニングコストの削減にもつながります。

・断熱、気密性能の向上
・断熱サッシへの改修
・複層ガラスへの改修
・空調換気扇の採用
・照明器具、設備機器の省エネルギー商品の採用
・採光等に配慮した間取りの変更
・深夜電力の採用
・氷蓄熱システムの採用
・太陽光発電の採用

4.省エネルギー・快適な環境をつくる

高齢化・情報化・環境といった面で、建物も時代と共に変化しています。
現代社会の環境に合わせた建物づくり(リニューアル)が必要だと思います。
また、用途変更することにより、建物として新しい価値を作り出すことができます。

・バリアフリーへの対応
・情報化への対応
・環境への対応(シックハウス対策)
・用途変更−倉庫を事務所・理容店・店舗・・・。
      事務所を福祉施設・店舗・・・。
      様々な試みが考えられます。

3.建物に新しい価値を与える

事務所ビル・ホテル・医療施設・商業店舗・・・。
建物の持つイメージは、資産価値・収益に大きな影響を与えます。
外装・内装・照明はもちろん、家具・外構まで含めたトータルデザインを提供します。

2.建物イメージの向上

○外装・内装・設備の老朽化による劣化を改修することにより、性能や機能性を
 向上させることができます。

○日本は地震の多い国です。耐震性能の確認・補強をすることにより地震に対す
 る安全性が高まります。

○建物には何気なく生活していても、危険な場所・危険な造りが多く見られます。
 改修することにより安全性が高まります。
 ・雪による弊害ー裸苦節、つらら
 ・大きな段差、危険な階段
 ・防犯対策

外壁−劣化調査 改修設計・剥離調査 改修設計・塗装調査 改修設計
   シーリング調査 改修設計・サッシ調査 改修設計

内装−間仕切壁調査 改修設計・内装仕上材調査 改修設計

躯体−木材・コンクリート・鉄骨等の劣化調査(クラック・サビ)
   耐震の調査、耐震補強設計

設備・空調・電気−機器の性能調査、配管の劣化調査、配管のつまり等の調査

1.老朽化に対する機能性の回復と安全性の向上

4.省エネルギー・快適な環境をつくる

3.建物に新しい価値を与える

2.建物イメージの向上

古い建物を生かす時代

建築のリニューアル

今、日本は高度成長時代が終わり、建物も「スクラップアンドビルド」の時代から
「古い建物を生かす」時代に移りつつ有ります。

そこで、古い建物に新しい価値を加えるリニューアルが求められています。

耐震性の確保、安全性の確保、資産価値の向上、用途変更、省エネルギー化など、
リニューアルにより建物に安全と新しい価値を加えることができます。

八洲建築設計事務所では、様々な要望を取り入れたリニューアルの企画、設計、監
理業務を行います。
Copyright yashima architects and engineers.All rights reserved

yashima architects and engineers

株式会社
八洲建築設計事務所

〜リニューアル〜

1.老朽化に対する機能性の回復と安全性の向上